スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) スポンサー広告

医療保険について



人が生きていく間には、万が一の事態があります。

 たとえば、急な事故やさまざまな病気などです。

 普段意識はしていませんが、そのような事も十分あり得るのです。

 保険とは入院や手術や通院を余技なくされ、高額な費用がかかってしまします。

 そんなときに助けてくれるものです。

 保険の仕組みはどのようになっているのでしょうか。

 毎月たくさんの人たちからお金を集めて、万が一の時に役立ててくれる仕組みです。

 つまり、分かりやすく医療保険でいえば、各保険会社が契約者から保険料をあつめ給付金として入院や手術をした人に支払いをするという仕組みです。

 医療保険は私たちの生活を支え、負担を軽くしてくれる、大変重要なものなのです。

 高額な費用には家族にも負担がかかってしまいます。

 医療保険を含め。

 保険にはどんな種類があるのでしょう。

 公的な保険として、医療保険・介護保険・年金保険・労働保険があります。

 死亡保障、医療保障、介護保障、老後生活保障などは、各保険会社を個人が選択して契約を結ぶという私的な保険です。

 保険料は年齢や性別、各保険会社によっても異なり、保障される項目や保障期間が長くなればなるほど、保険料は高くなります。

 確かに高額な医療費がかかった場合に、保障される金額が高ければ高いほど負担が少なくなりますが、毎月の保険料に負担がかかっては、続きませんよね。

 契約時に保険料をよく検討して決めましょう。

 医療保険制度は万が一の高額な医療費を支払うときに助けになってくれるものです。

スポンサーサイト


2008/01/26(土) 未分類 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://hokenxyz.blog4.fc2.com/tb.php/5-246101ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。