スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) スポンサー広告

自動車保険厳選6社一括見積り



見積結果は後日、自動車保険会社から直接メールまたは郵送でご自宅に届きます。

自動車保険各社の保険料や補償内容をご自宅でじっくりご検討いただけるので、今の自動車保険を見直ししたい方におすすめのサービスです。

株式会社ワールドインシュアランスは、アメリカンホーム保険会社、ゼネラリ保険会社、三井ダイレクト損害保険株式会社、チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー、そんぽ24損害保険株式会社の保険取扱代理店であり、当サイト上で保険契約の締結の媒介を行います。

アクサ損害保険株式会社に関しましては代理店扱いとはならず、お客様と保険会社の直接のご契約となります。

そんぽ24損害保険株式会社に関しましては、メールで見積りをご案内いたします。お申込みは、インターネットまたはお電話で行います。

※お申し込み方法は、各保険会社により異なります。
※郵便またはお電話でのお申し込みの場合、インターネット割引は適用されません。

無料!自動車保険一括見積りはコチラから出来ます





スポンサーサイト
2007/12/24(月) 未分類 トラバ(0)

生命保険を徹底比較!!最大15社を比べて選べる



bang!のしくみ

最大15社に生命保険の一括パンフレット請求ができる!

サービスの流れは・・・
ご希望の保険商品を選択していただきます

あなたに代わって、bang!が各保険会社にパンフレット請求をします

各保険会社からパンフレットが手元に届きます

bang!を利用すると・・・  

各社から届いたパンフレットを納得いくまで比較して、あなたにぴったりな保険をお選び頂けます。


生命保険 おすすめコンテンツ

ライフシーン別加入例
ライフシーンによって必要な保障はさまざま。ここでは代表的なライフシーン毎に生命保険の加入プランをご紹介しています。生命保険を選ぶ際の参考にしてはいかが?

賢い 生命保険 の選び方
生命保険の世帯あたりの保険料は平均で年間61万円、一生涯ではなんと2,000万を超える高い買い物です。生命保険へ加入の際はポイントをしっかりおさえてかしこく生命保険に加入しましょう。

必要保障額をチェック
「必要保障額」とは、今あなたが死亡や病気・けがをしたときにいくら必要なのかを計算したものです。結婚、お子様の誕生、住宅購入など大きな生活環境の変化があれば必要保障額をチェックすることをおすすめします。

保険商品の特徴
各社の保険商品毎に特徴やポイントをわかりやすくまとめています。各社を徹底比較して生命保険の資料請求する際の参考にしましょう。

保険会社格付・財務情報
保険会社の「財務力」や「保険金支払能力」を知る上で、一つの指標となるものに「格付け」があります。生命保険を選ぶ際は格付けもチェックするようにしましょう。

生命保険 見直しマニュアル
生命保険の見直しは、方法によってはいままであった保障がなくなったり、契約内容が変わってしまう場合もありますので、十分注意して行いましょう。ここでは、保険証券の見方や留意点のほか、実際の見直し例もご紹介しています。

・生命保険 のパンフレットが取りよせられる
・ 病気やケガの治療費が不安!
万一の際、遺族の生活費が心配!
老後の生活費の備えを!そんな方は今すぐ!

【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求!





2007/12/24(月) 未分類 トラバ(1)

各社の保険料をネット上でリアルタイム検討



見積依頼しても、営業電話は一切行いません。生命保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


これまでの保険販売
これまでの保険販売は、自分の知り合いで保険販売をしている人や、自分の職場に出入りをしている人などを通して、相手とじっくり時間をかけて話し合いをし、その中から自分の加入する保険を選ぶという形が主流でした。
この方法は、「大切な保険は信頼の置ける相手を通して加入したい」というニーズに合ったものでした。


保険商品の多様化
しかし、金融自由化の流れを受け、保険各社の競争が活発化し、様々な強みや特色を持った商品が販売されるようになってきました。

こうした状況では、必ずしも知り合いの保険販売員が全ての商品について熟知しているとは限らず、各社の商品を十分に理解するためには、複数の人から時間を掛けて説明を受ける必要が出てきました。

また、個人情報保護法の施行や企業のコンプライアンス尊重により、職場に保険販売員の人が訪れる機会が減り、自分の周囲に保険に関する情報を提供してくれる相手がいない、という状況が増えつつあります。こうした場合、インターネット上での資料一括請求により大量のパンフレットを取り寄せても、各社の商品を検討するには、多大な労力が掛かってしまいます。


保険モールが実現したい姿
こうした状況を受けて、保険モールでは次のような状態を実現したいと考えています。

保険に関する情報を可能な限りインターネット上で提供し、ご自宅のPCの前でお客様にじっくりと時間を掛けて商品をご検討頂く


その上で、お客様が保険商品へのご加入を望まれた場合には、必要な事務手続きなどを中心に、できる限り対面でのやりとりが少ない形で契約を完了できるようにする
こうした状態を実現するため、私たち保険モールは、以下のようなミッションを持ち、皆様のお役に立てるよう、スタッフ一同、精一杯がんばっていきます。


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。生命保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら





2007/12/16(日) 未分類 トラバ(4)

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。